_MG_1699

桜を探して〜調布〜

11

3月末、2日かけて調布の桜堤通りと、野川沿いを歩きまわって撮ってきました。

2日目の野川沿いは生憎の雨で1時間ほどしか撮れませんでしたが、満開に近くきれいな桜が撮れました。

調布、桜堤通り-赤い葉桜

さくらにも色々種類があるのは知っていましたが、葉桜で赤い色の葉をつけるものもあるんですね。

初めて見たのでびっくりしました。

ヤマザクラなどの一部の桜は花が散ったあとに赤い葉をつけるそうです。

調布、桜堤通り-木の根から咲く花

風で地面に落ちた桜・・・ではなく、樹の根から花が咲いていました。

こういうところからも咲くことができるんですね。

調布、桜堤通り-桜並木

桜並木。とはいってもまだピークには少し早く、花は5分ざき程度でしょうか。

今年はタイミングがあまり良くなく、ピークが平日どまんなかに来てしまったこともあってか、土曜日にまだ先切れてない桜の下で花見をしている人たちが多くいました。

調布、桜堤通り-彫刻と桜

桜堤通りには彫刻がいくつかあります。

通りの端から彫刻と桜を撮影してみると桜が覆いかぶさるようになり、いい雰囲気になりました。

調布-多摩川の野鳥

桜堤通りを端から端まで歩いて、まだ少し時間があったので多摩川の河川敷によってみました。

すこしつかれたので、川沿いに座って休んでいると水浴びをしに来たのか、鳥がいました。

距離が離れていたのでなんの鳥かはわかりませんでしたが、光が羽に当たってわずかに透けているのを綺麗に撮影することができました。

調布-多摩川の夕日2

この多摩川河川敷から見れる夕日はとても綺麗で好きです。

熊本に住んでいた頃にみることができた夕日にくらべればさすがに見劣りしますが、東京で私が見てきた夕日の中ではいちばん気に入っています。

調布-多摩川の夕日

京王線の線路より東側にいると、夕日をバックに走る京王線をみることができます。この風景も何度もみて、何度もとっているのですが、飽きないですね。

_MG_1715

日をまたいで桜堤通りへ撮影に行った翌日、天気は生憎の曇り空。

しかし、暇を持て余していたので、せっかくだからと野川まで歩きました。

野川沿いには桜が多く、川を覆うように桜がさいていました。

前日よりも満開に近く、多くの桜が見られました。

_MG_1699

天気がわるかったので、少し明るめに撮影し、現像で色を引き出すという手法をやってみました。

曇空をいれた撮影というのはやはり難しいですね。。。

_MG_1763

しばらく川沿いに歩いていると、雨が降り出してきました。

雨と桜の共演を一枚写真に収めて、この日は撤収。

雨をもう少し綺麗に取る技術があればいいのですが、私にはまだ腕不足なようで何枚か撮った写真も微妙でした・・・。

 

次回は、枚数は少ないですが、ピークを過ぎてしまった上野へ行ってきたので、その写真を公開予定です。